感じるままに書くブログ

なぜ学習塾(進学塾)へ通うのか?

Pocket

学習塾(進学塾)

 

 

少子化とともに

子供1人あたりにかける

教育費というのが増えているという

 

学習塾へ通わせたり

習い事をさせたり

私立学校へ通わせたいと思う親は多い

 

なぜそのようなことが必要なのか?

 

多くの親は子供が一流大学へ進学することが

子供の将来において安定を得ると考えていて

同時に親自身も万が一のときに助けてもらえる

 

日本が学歴社会である以上

そう思うのは当然のことである

 

一流大学へ進学するには

(主に小中)公立学校の教育では

不十分だと考える親が多い

 

公立学校による義務教育は

社会に出るための最低限の教育でしかない

 

高校までにレベルの高い教育を受けて

一流大学に合格してほしい

そのためには教育レベルの高い私立高校へ ・ ・ ・

そのためには教育レベルの高い私立中学校へ ・ ・ ・

そのためには教育レベルの高い私立小学校へ ・ ・ ・

と教育レベルの高い学校を求めていくのです

 

そのような学校へ入るためには

学力を上げる必要がある

 

しかし

子供自身が『○○学校を目指して頑張るぞ!』

と意思を持って勉強する(できる)子はまれである

 

大人でさえそういう意識を持って

独学で勉強できる人が少ないのと同じである

 

勉強する場所や

一流の学校へ進学するための教育を求めた結果

学習塾(進学塾)へ通わせるという選択肢を選ぶのです

 

もちろん

学校の授業についていけなくて

子供の学力が低いために

公立高校へ進学するのが難しくて

学習塾へ通うという場合もあります

 

 

《1》_《2》_《3》_《4》_《5》_《6》_《7》_《8》_《9》_《10》

 

 

 

【注意】これはあくまで個人的な見解です

Pocket

Copyright (C) 2016 adwiser.jp All Rights Reserved.