感じるままに書くブログ

「キョウヘイ」とは言っても柴田恭兵の話ではない

Pocket

 

今日は競馬のお話

2017年5月7日(日)
東京競馬場(中央競馬)
NHKマイルカップ(GI)に出馬する
「キョウヘイ」という名の馬の話

馬の名前はたいてい
親の名前の一部を引き継ぐものなのですが
この馬は人の名前のように聞こえる

 

馬の名前の由来はやはり人の名前

大阪に住む横山さんという女性の息子さん
恭兵(キョウヘイ)

2005年
肺ガンにより21歳という若さで他界

 

恭兵さんは競馬が大好きで
当時、圧倒的強さを誇った名馬
ディープインパクトの存在が
闘病生活の支えでした

そのディープインパクトが菊花賞を制し
無敗の三冠馬となると同時に他界

その後
友人の馬主が恭兵さんの死を知り
2014年に生まれた馬(牡)に
「キョウヘイ」と名付けた

 

3歳馬となった今年
2017年1月8日(日)
京都競馬場で行われた
シンザン記念(GIII)を制した(優勝)

ここまで全て
高倉稜 (タカクラリョウ)騎手が騎乗

高倉騎手の生涯成績はあまり良くないが
キョウヘイとの相性は良い

ちなみに
高倉騎手は
1991年生まれ(今年26歳)おとめ座A型
2010年に騎手免許を取得
所属は栗東(滋賀県)、出身は熊本県

 

キョウヘイにとって初のGIとなる
NHKマイルカップを制して
「キョウヘイ」の名前を刻みたい

 

Pocket

Copyright (C) 2016 adwiser.jp All Rights Reserved.