感じるままに書くブログ

365日営業、24時間営業はなくなる?

Pocket

20160612-01

 

昨今、年中無休、24時間営業を見直す企業が続々増えています。

 

年中無休、24時間という営業スタイルがすっかり定着したのですが、その過剰なサービスのために多くの人が犠牲を強いられているのです。

そういったサービスは顧客にとって有難いことなのですが、今ではそれが当たり前すぎて、その有難みが分からなくなってしまっている人が多いのです。

しかも、企業にとって赤字となる曜日や時間帯があったりと合理的ではない営業スタイルでもあります。

 

さらに、例えば正月にしても、今では正月も多くのお店が開いているので、正月というイベントに対する盛り上がりが欠けてきています。

正月というイベントがあるからこそ多くのお金を使ってきた人々が、普段と変わらない生活しか送らない人々が増えたために、普段の生活に必要なお金しか使わない人が多くなっているのが現状です。

 

最近、企業の人手不足が話題になっているように、既存の従業員が休日出勤や長時間残業を強いて凌いでいる状態です。このような状況で、長時間労働が減るわけがありませんし、労働意欲も低下していくばかりです。うつ病に陥ってしまう人や自殺する人も増えていくでしょう。

 

長時間労働を無くしていくためには、年中無休、24時間営業を見直すことが必要不可欠なのです。

 

Pocket

Copyright (C) 2016 adwiser.jp All Rights Reserved.