感じるままに書くブログ

30円の賞味期限切れよりもお得?

Pocket

賞味期限切れの清涼飲料水を30円で販売している格安自動販売機

 

賞味期限切れの清涼飲料水を
販売している格安自動販売機

 

大阪の繁華街ミナミの近くに、賞味期限切れの清涼飲料水を30円で販売している格安自動販売機があるそうです。

「賞味期限」というのは、一定の保存状態のもと、おいしく食べることができる期限のことで、メーカーが独自で決めるものなのです。

賞味期限が少し過ぎたところで飲食できないわけではありませんし、この格安自動販売機の場合、「賞味期限切れ」であることを明示しているので、法律的にも問題はないと思います。

 

[YAHOO!JAPANニュースの記事はこちら]
「賞味期限切れの自販機」大阪市内に堂々と登場
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160923-00000066-nksports-soci




 

20160923-02

ところで、以前から話題になっている清涼飲料水を10円で販売している格安自動販売機というのもあります。

10円の秘密は、「何の商品が出てくるのか分からない」というところです。

昔、駄菓子屋さんでやっていた、10円から100円くらいを払ってくじを引いて、くじに書いてある番号の商品がもらえる、といった感じでしょうか・・・

 

先週末、娘の高校の文化祭を見た帰り、大阪市福島区の大阪市中央卸売市場周辺を車で走っている途中で、たまたまこの10円自動販売機を見つけました。

早速、買おうと思ったのですが、すべての商品が品切れや準備中だったので買えませんでした(残念)

 

[日刊スポーツの記事はこちら]
「ワケあり」10円自販機、大阪市内で“観光名所”
http://www.nikkansports.com/general/news/nikkan/1714050.html

 

 

Pocket

Copyright (C) 2016 adwiser.jp All Rights Reserved.