感じるままに書くブログ

今やこれもネットの時代

Pocket

タブレットを使った学習(勉強)


 

夏休みが勝負!

 

 

期末テストも終わり、夏休みが終わるまでダラ~ッと過ごしやすい時期。クラブ活動をしている中学生も勉強はなかなか手につかない。
ダラダラと勉強が進まない

でも・・・

特に中学1年生は、1学期の成績が良かったからといって手を抜いていると、2学期からの成績がグッと下がる。

実は、どこの学校でも一緒だと思うのですが、2学期からテストの内容が急に難しくなる。だから、夏休みの間にしっかりと勉強しておく必要があるんですね。

点数が下がる・内申点が下がる・通知表の評価が下がる

 

私は、他の記事でも書いてるとおり大阪に住んでいるのですが、大阪の公立高校の入試では中学1年生からの成績(内申点)も加点されるんです。

うちの長女は、これで実成績よりも格下の学校を選ぶことになってしまったのです。

すでに競争が始まっているのです。

 

次女はもっとひどいもので、2年生の2学期までは「高校には行かない」なんて言ってました。

でも・・・

3学期になって、急に高校へ行きたい、塾へ行きたい、なんてことを言い出して、「今さら成績を上げれるのか?」と心配していました。特に数学はいつも10点台、ひどいときには1桁なんて成績だったもので・・・

それが、塾(個別)に通い始めて3ヶ月後(3年の1学期中間)のテストでは、なんと英語以外の4教科は平均点を超えました(信じられない)。合計点は、平均にちょっとだけ届かなかったけど、2年生までの成績からするとありえない数字。
塾で勉強して成績アップ

なかなか点数の上がらない英語は地道な努力が必要急には伸びません

あとは、内申点が悪いからどこの高校へ行けるのだろうか・・・と、近々ある3者懇談で話をする予定です。

 

こんなことにならないためにも1年生の時からきちんと勉強しておく必要があります。

私は塾へ通うのが一番いいと思っていますが、

【 塾が近所にない 】
【 塾へ行くお金がない 】
【 自主学習ができる 】

塾が近所にない・塾へ行くお金がない・自主学習ができる

といった生徒さんにおすすめなのが、インターネット配信(通信)型学習です。インターネットの環境とタブレットがあればOK!

インターネットの環境とタブレット

インターネット配信は、録画した動画がインターネットを通じて配信され講義を受けるというスタイル。

インターネット通信は、1つ1つの問題に対して解答を書いて送ったりテスト結果を受け取ったりすることができるスタイル。郵送による通信教育のインターネット版だと思っていただければよいかと思います。

実は、このような環境を活用している塾(一部の大手塾を含む)もあります。「場所を貸しているだけ」って感じですね。

 

インターネット通信型学習を受けてみたいという生徒さんのために、「スマイルゼミ」というタブレット型通信教育サービスをご紹介します。

日本語ワープロソフト「一太郎」や日本語入力支援「ATOK」(Windowsでは「IME」がインストールされています)と言えば、知っているお父さんやお母さんもいるかと思います。

そのソフト会社「ジャストシステム」で開発されたのが「スマイルゼミ」です。
「スマイルゼミ」タブレット学習で子どもたちが変わる

 

「スマイルゼミ」には、「中学生コース」「小学生コース」があります。

「小学生コース」は、小学生向け学習・授業支援ソフト「ジャストスマイル」や学年に応じて習った漢字のみを変換してくれる「ATOK」スマイルといったソフトを全国の公立小学校の約8割で活用されているという教育現場での実績をもとに開発されたものです。

「中学生コース」は、理解度に応じて難易度を変える「完全オーダーメイド型学習スタイル」、各学校毎のテスト範囲や生徒の理解度を考慮した一人一人異なる定期テスト対策問題、など優れた機能があります。

しかも、塾よりもずぅ~と安い費用で受けることができるのです。

 

夏休みも間近・・・「やってみようかな!」と思ったら、すぐに「スマイルゼミ」のサイトで確認してみよう!
「やってみようかな!」と思ったらすぐに「スマイルゼミ」のサイトで確認

 

【 中学生コース 】
「スマイルゼミ」中学生向け通信教育
【 小学生コース 】
「スマイルゼミ」小学生向け通信教育

 

 

Pocket

Copyright (C) 2016 adwiser.jp All Rights Reserved.