感じるままに書くブログ

新聞の仕事(戸別配達編)

Pocket

新聞(イメージ)


 

 敬遠される「新聞」

 

 

新聞配達員になって気付いた
新聞の戸配(宅配)の利点

 

インターネットが普及すると同時に
減りつつあるものの1つに「新聞」があります

私もまた新聞配達員になるまでは
新聞を取ることもなくインターネットで満たしていた一人

 

子どもの塾費用を稼ぐために
仕事の時間や職場の場所として
都合のよい仕事が朝刊配達でした

いかつい50~60代の
おっさんばかりかと思っていましたが
40~50代のおばさんもいます

 

配達する家とか覚えられるの?
コースは固定で200~300件ほど
普通の人で1週間程度で覚えられます
頭で覚えるというよりは体で覚えるといった感じです

短時間でそんなに配れるの?
バイクを置いてちょっと歩くところがあったり
新聞を入れるポストの場所が特殊だったり
することはありますが
住宅街で1時間100件以上は配れます
階段や坂が多いところは体力が必要ですが・・・

収入は?
配達件数で収入が決まるので
(最近は時給制のところもあるようです)
朝刊はチラシを挟む手間があるし
夕刊はその手間が無い分、配達単価は安い
収入の面では割に合いません
(昼間のアルバイトをしていたほうがまし)

休日は?
基本的に休刊日以外は休み無しで働いています
(週1日以上の休みを与えている店舗もあるようです)

仕事はきつい?
比較的マイペースに仕事ができ
体も適度に動かすので
寒暖風雨を除き
仕事そのものは快適かも(笑)

 

バイクを転がしながらよく出会うのがネコ

この辺りのネコはやや人馴れしているのか
ある程度近づかないと逃げないし
逃げ足も遅い

ネコに餌をあげている自転車に乗った
おばちゃんともよくすれ違う
(ほんとうはダメなんですけど)

だから丸々としたネコが多い

 

この仕事を始めて半年ちょっとですが
何度か事件に遭遇しました

自転車やバイクの盗難現場を目撃して警察に通報
といったことが2回ありましたね

近くのコンビニに強盗が入ったときは
警察の方が目撃情報を聞きにやってきたり

先日
新聞を配達しているお宅の
水道の水が出っ放しになっていて
水を止めてメッセージを入れておきました
(その当日、お礼の品をいただきました)

楠樹菓庵(菓匠)「栄久堂吉宗」

 

仕事は新聞を配達しているだけなのですが
配達で巡回することにより
防犯や何かしら異変を感知したりと
結構役立っているんだなぁと思いながら
今日もバイクを転がしています

 

 

別の機会に「新聞を取る価値」について
語りたいと思います

 

 

 

Pocket

Copyright (C) 2016 adwiser.jp All Rights Reserved.