感じるままに書くブログ

消費税がなぜ「切り札」なのか

Pocket

消費税 8%? 10%?


 

「借金大国」日本

 

 

なぜ消費税
「 切 り 札 」なのか

 

日本の財政を立て直す切り札として注目されているのが
物やサービスを購入した時にかかる「消費税」だ
なぜなのか?

 

1989年に3%で導入されて以来
徐々に税率を上げてきた消費税
2014年の5%から8%への変更に続き
2019年10月には10%に引き上げられる(予定)

消費税の特徴は
子どもから大人まで買い物をする人すべてが
「広く薄く」税を負担すること
人々は日々、いろんな物を買うため
景気に左右される所得税法人税と違い
比較的安定した財源とされる

所得税は景気に左右されるが消費税は安定している

 

国が今回、消費税の増税に踏み切ったのは
年1兆円ずつ増えるとされる社会保障費対策だ
消費税10%のうち9割が
年金、医療、介護、少子化対策などの
社会保障政策に充てられる
社会保障関係の予算は年々増大している

 

ただ、消費税を10%に増税したとしても
財政健全化への道は厳しい
内閣府の試算では
アベノミクスが成功し経済成長を果たした場合でも
20年度の国の一般会計の
プライマリーバランス(ポイント1へ)は
まだ7兆円の赤字が残るという

「プライマリーバランス」(基礎的財政収支)
「国の収入」から「政策で使う経費」を引いたもの
家計なら収入から生活費を引いたもの

国と地方の借金の推移

 

消費増税 の影響は

消費増税で懸念されるのが景気への影響だ
消費税アップは消費者にとっては実質的な値上げ
増税前にあわてて物を買う「駆け込み需要」がある一方
増税後に物が売れずに景気が落ち込む恐れがある

また、所得が低い人への負担を軽減するため
10%への増税を機に導入されるのが 軽減税率
消費税は食品などの生活必需品にもかかるため
税率が上がれば所得の低い人にとって大きな負担となる

世界の国々では
食品や医薬品、本や新聞などを対象に税率を低くしており
日本でも食品や新聞などの税率を8%に据え置くことになった
これにより税収は年約1兆円減る見通しという

物やサービスにかかる税金の国際比較

国 名 標準 軽減税率 主 な 対 象
デンマーク 25%  0% 新聞
フィンランド 24 14 食品
10 医薬品、本、新聞
イギリス 20 5 電力、チャイルドシート
0 食品、新聞、子供服
フランス 20 10 外食、宿泊、運賃
5.5 食品、本、映画館入場料
2.1 新聞、雑誌、医薬品
ドイツ 19 7 食品、新聞、スポーツイベント入場料
日本 8
(2015年9月現在 欧州委員会の資料を基に作成)

 

関連記事

安倍首相 「消費増税再延期」表明
増税延期でも消費拡大は疑問
消費増税再延期 経済界は賛否両論
米S&P 日本の格付けにも「影響なし」
有力エコノミストが今後の日本経済を占う

 

 

 

Pocket

Copyright (C) 2016 adwiser.jp All Rights Reserved.