感じるままに書くブログ

【マッチ】が無くなる日は近い

Pocket

20160928-01

 

「マッチ?」

「なにそれ」と、若い人たちの声が聞こえてきそうです。

「ライター」といった着火器具が安くて長持ちするため、「マッチ」の存在感が薄れていきました。

 

そして、その「マッチ」が消えようとしています。

家庭用マッチ最大手の兼松日産農林が、来年(2017年)3月でマッチの製造販売事業から撤退するそうです。

これも時代の流れですね・・・寂しいです。




お仏壇やお寺でロウソクや線香に火を着けるときは、

「マッチを使いなさい」
「ライターで火を着けてはいけません」

と、親に言われ続けていました。

炎が勢いよく出るライターは、「ご先祖様に火を噴きかける」ようなもので、「ご先祖様に失礼です」という意味が込められていたようです。

 

私にとって「マッチ」は、火を着けること以外にも活用していました。

小学生の頃、学校の夏休みの工作で、先端の発火部分を切り除いて、木の部分を使って模型を作ったりしていました。

小学生にとっては、手軽に安く手に入る工作の材料でした。

 

今や、小学生でさえ、スマホやタブレットを使いこなす電子機器時代となってしまいました。

 

Pocket

Copyright (C) 2016 adwiser.jp All Rights Reserved.