感じるままに書くブログ

平和を維持することは難しい

Pocket

自衛隊の活動範囲を広げる安全保障関連法制(安保法制)


 

とうとう施行されました

 

安全保障関連法制
(安保法制)

 

『戦争法案だ!』

 

という意見が多いものの

ここにきて

 

賛成・容認派も増えてきている

 

 

やはり

中国の南シナ海進出

戦争勃発寸前の北朝鮮

が影響しているのでしょう

 

おそらく

安倍晋三首相が安保法案成立を急いだのは

アメリカがこのような情報を察知して

日本に対して自衛隊を派遣できるように

早急に法整備するよう要求したのではないか

と推測しています

 

しかし急ぐがあまり

法制(法案)自体に曖昧な部分が多い

 

私が一番気になっているのは

この法制は

どのような場合に発動可能とするのか?

 

「その時の状況に応じて・・・」

という発言・内容に終始しているが

ある意味

その時に実権を握っている政党に左右される

どんな状況でも発動することが可能

とも読み取れる

 

誤った使い方をしてしまうと

侵略戦争に加担することになりかねない

その辺を詰めていく必要があると考えています

 

 

また自衛隊でも教育訓練に関する資料がなく

どうすればよいのか戸惑っています

 

教育訓練には時間がかかるので

早く明示してほしいとのことです

 

 

戦争で被害を被るのは政府ではなく国民である

ということを肝に銘じて取り組んでほしいものです

 

 

 

【注意】これはあくまで個人的な見解です

Pocket

Copyright (C) 2016 adwiser.jp All Rights Reserved.